公開研究授業・新しい学びのための授業改善

 中央中等では、今年度ICTを活用した課題探究的な授業づくりを実践します。是非本校の授業実践をご覧いただきご意見をいただきますようお願いいたします。

令和3年度 中央中等教育学校公開研究授業

R3.4.26全体計画版

1 趣旨

ICTの効果的な活用を含めた探究的な学習の導入による授業改善を図るため、公開研究授業を行います。是非、本校の授業実践をご覧いただき、ご意見をいただきますようお願いいたします。
※令和3年度については、国や県の感染防止対策に基づき校内に限り研究授業を実施しております。外部公開が可能となった場合には、改めて本校HPで募集いたします。

2 目指す授業イメージ

生徒に探究的な課題を協働で追求させるような、探究的な授業展開を作る。

a: 【課題の設定】―【情報の収集】―【整理・分析】―【まとめ・表現】のサイクルを用いている

b: 生徒が結果的に以下のような変容を示す

・事象を捉える感性や問題意識が揺さぶられる
・身につけた知識・技能の有用性が実感できる
・見方が広がったことを喜ぶ
・概念が具体性を増して理解が深まる
・学んだことが自分事になる

3 日程と科目

※5/31(月)と11/15(月)は、新しい学びのための授業改善研修。他は学年研修です。
※実施の可否・時間割等の詳細は、後日HPに掲載します。

4 問い合わせ先

TEL 027-370-4788   担当:小井戸・泉

 

 現在、本校職員に限定して授業研究を実施しております。外部の方への公開につきましては、改めてお知らせいたします。

研修だより